上記・紫色のタイトルをクリックすると初期ページに戻ります。最新のJ-REITセクター別ヒートマップ全体を見るには、ここをクリックして下さい。

N225指数が今年最高値を記録した9月14日。その後一ヵ月間、日米中で発生したイベントと指数推移

投資関連情報

はじめに

9月14日、日経225指数が今年の最高値を更新。国内政治イベントとしては、9月16日:自民総裁選公示。10月1日:岸田内閣誕生。10月14日:衆議院解散。米国では、9月22日に開催されたFOMCにおいて、昨年3月から行われてきた金融緩和政策の舵取りを変えるテーパリング開始の時期についての議論がありました。並行して中国では、大手不動産の恒大のドル建て社債の利払い遅延問題が発生しました。

日本では衆議院選・投開票を月末に控えています。過去のアノマリーによれば、過去10回、衆議院解散時から選挙開票日までの間、日本株式は買われて上昇するとの事。この投稿を準備している10月18日の時点では、将来の選挙結果は分かりませんが、先ずは9月14日(火)から10月15日(金)までの約一ヵ月の間、日米中で発生したイベントとその間の株価推移を整理してみました。

日米中において、投資リスクを高めたイベント一覧

日付日本指数米国指数中国指数
9月14日最高値を記録100100100
9月15日99.48100.6899.39
9月16日総裁選公示98.87100.597.48
9月17日99.45Major SQ、SOX指数、S&P500リバランス100.0298.18
9月20日祝日:敬老の日98.24
9月21日97.29FOMC98.1
9月22日96.64FOMC:テーパリング開始予定を示唆99.0897.61
9月23日祝日:秋分の日100.54恒大・ドル建社債利息払えず98.37
9月24日98.63100.6498.17
9月27日98.6100.8498.07
9月28日98.4199.297.87
9月29日株式売却益税率議論で株価急落96.3399.46恒大・ドル建社債利息払えず96.26
9月30日大引日経リバランス96.0397.8897.83
10月1日岸田内閣発足93.8199.27国慶節連休
恒大株式・香港で
取引停止
10月4日92.7498.34国慶節連休
10月5日90.7199.24国慶節連休
10月6日日経8営業日
続落
89.76債務上限停止可決の目途立たず99.54国慶節連休
10月7日マイナーSQ (ミニ先物)90.24100.51国慶節連休
10月8日所信表明演説91.45債務不履行回避
雇用統計発表
100.4998.55
10月11日92.9299.7698.23
10月12日92.0599.4296.65
10月13日91.7599.4298.13
10月14日衆議院解散93.09100.9798.05
10月15日94.78マイナーSQ102.0798.56

注1:便宜上、日経指数が今年最高値を記録した9月14日の日経、ダウ指数、上海株価指数終値を100.00として指数化しました。尚、9月14日の日経の終値は30,670.10円、ダウは$34,577.57、上海は14,626.08元です。

注2:青文字は、政局関連のイベントです。

日米中の株価指数化チャート:過去1年間

日米中の株価指数化チャート:過去一ヵ月の値動き

考察

米国NY、ADR市場で取引されているアリババやDIDI、テンセントミュージックといった中国株。米中間での覇権争いを反映して大幅下落。9月中旬以降では恒大不動産の負債問題や電力使用制限問題が急浮上。香港市場で取引されている恒大株が、国慶節初日の10月1日をもって取引停止。これら中国関連のネガティブなマスコミ報道を日々見聞きしていると、自然と中国株は大きく下落しているはずだと考えてしまいます。

実際には、上海株式指数は過去一年間マイナス2.2%からプラス18.9%の範囲で推移し高低差は21.1%。N225 指数は31.6%、ダウ指数は31.9%。これら3指数の内では、上海株式指数が最も狭い範囲で推移したことが分かりました。

中国では、過去一年間で300社に及ぶ中小不動産が破産しているとの報道もあります。恒大不動産の負債規模は、中小不動産とは全く比較にならない30兆円超え。マスコミや海外金融機関が伝えるネガティブな報告にも関わらず、上海株価指数、対ドル元為替、金利水準は安定しています。恒大の取得土地の支払い遅延、社債の金利支払い停止、下請けへの支払い不履行等のイベント発生は、既に中国市場には織り込み済なのかも知れません。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました